雪国である札幌市では太陽光発電は向いていないのではと考える方は、意外に多いと思います。
太陽光が強ければ強いほど、発電量が多くなるように考えがちです。
でも実はそうではありません。
太陽電池モジュールは結晶シリコンという素材で作られていますが、結晶シリコンは熱に弱い性質があります。
太陽光が強過ぎるとパネル表面の熱が上昇して、発電効率が落ちてしまうのです。
また、発電した直流の電力を家庭で使える交流の電力に変換するパワーコンディショナも温度が25度を超えてくると、運転が自動で抑制されるなど、夏場の高温に弱い性質があります。
つまり、太陽光発電に向いているのは、1年を通して日中の気温がそれほど上がらず、日照が確保できる地域です。
パネルに使用される結晶シリコンの適温は25度と言われており、年間を通して涼しい札幌市の気候は太陽光発電に向いていると言えます。
冬は屋根に積もる雪が気になりますが、雪国仕様のパネルや設置方法の工夫が施されますから大きな問題はありません。