ソーラーパネルについてや、業者について話をしてきましたが、効率よく発電をするというのは大切なことです。
一般的に発電をすることが出来るのは、朝やお昼や夕方と言われています。
太陽が昇っている間ということになり、夜間については発電をすることが出来ません。
ようは、太陽が昇っている日中に発電をするということで、時間が限られるということなんです。
その限られた時間の中で上手に発電をすることが大切です。
少ししか発電をすることが出来ませんと、結局今まで通り電力会社から電気を購入することになり、何のために取り付けをしたのか分からなくなってしまいます。
まず屋根に取り付けをする場合なのですが、向きについて考えてみてほしいです。
自宅がどのような向きに建っているのか。
太陽というと、東から昇って西に沈みますね。
南中をする午後0時ごろについては、南に太陽が昇っていることになります。
南という方角はあたたかいという話を聞いたことがありませんか。
南に面していることで、午前中も午後も太陽の光を浴びやすいのです。
屋根が四面あるとしましょう。
南に面していることを考えると、四面のうちの二面は南に向いているので太陽の光を浴びやすい。
逆に他の二面については北の方角を向いているので、ソーラーパネルを設置しても、あまり発電の効果が得られないということもあるのです。
この場合ですが、四面にソーラーパネルを取り付けをするよりも、南に面している二面に、沢山ソーラーパネルを取り付けをして、有効に発電をするということの方が重要です。
業者に見積りを取ってもらった際に、何枚ソーラーパネルを取り付けるのかといった話もあるかと思いますが、まず屋根のどの部分に取り付けをするのも聞いておきましょう。
太陽光発電がしやすい位置に、集中してソーラーパネルを取り付けをしてもらえるのかどうか。
無駄なお金を支払いをしないためにも、詳細を聞いて判断をするようにしたいですね。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>