近年は、台風や地震が大型化する傾向があり、停電時には、電気が使えないので不安を感じている方が多いと思います。
災害時などの停電時でも、しばらくの間は、電気が使用することができる太陽光発電を導入したいと検討されている方が増えています。
太陽光発電は、石油とは違い枯渇しないエネルギーで、大変クリーンなため、地球温暖化に影響のあるC02を排出しないので、大変環境にやさしい商品になっています。
null昼間の電力は、太陽光でまかなうことができるため、電気会社が発電した電力を消費せずに済むので、余った電力を電気会社に売ることが出来ます。
太陽光パネルは、お手入れがあまり必要がなく、壊れにくいと言われていますが、万が一の故障に備えて10年間保証の付いている専門業者を選ぶようにすると安心して生活をすることが出来ます。
雨や雷の影響を受けやすいので、保証期間があれば安心出来ます。
停電時でも、電気ポットやIH調理器が使えるので安心して生活が出来ると思います。