最近テレビのCMや新聞の広告などで太陽光発電に関する記事などが増えていると思いませんか?
どうやら数年前に比べると、この太陽光発電の宣伝は数倍以上に増えているようです。
それだけ今、太陽光発電という新しいエネルギーが注目を浴びているということなんでしょうね。
これはやはり1年前に起きた東日本大震災による福島の原発事故の影響があったからではないでしょうか。
我々は日本のエネルギーを原発をメインにして得ていましたが、今回の事故の影響で原発がどれだけリスクが大きいか実感したと思います。
しかも、あの大震災では原発以外でも火力発電する場所もかなりの被害を受けており、石油コンビナートで大火災が起きていたようです。
エネルギーを作り出すのはやはりリスクを伴うものなのだと私は思っていました。
しかし、最近注目を浴びている太陽光発電はこれらのリスクのある発電とは違います。
若干、エネルギーを作り出す量は今のところ減ってしまうのですがエネルギーを作り出すのに必要なのが少し広めの空間と太陽の光だけというのが太陽光発電の特徴です。
つまり、原子力発電や火力発電のように甚大な被害を負うリスクが格段に下がります。
しかも、石油は燃料棒などのエネルギーを作り出す資源を必要としません。
太陽の光さえあれば半永久的にエネルギーを作る事ができるのです。
さらに太陽光発電は特定の場所を必要とせず自分の家の屋根にパネルを取り付けて発電することもできます。
そして、自宅で作ったエネルギーを電力会社に売る事も出来ますので非常にメリットが大きいです。
興味を持った方は一度調べてみてはどうでしょうか?